田布施システムに由来するカルマはそのシステム恩恵を受ける者達に帰すように

ishikiDSC_0346

さて、2015年中に起きると予言されていた朝鮮動乱は起きず、第三次世界大戦はサイレントウォーとして推移中。
浅間山の大噴火の予定は地元民が気にも留めないほど極めて小規模に終わり、春先の東京湾で大地震が起きるという予言もはずれた。
春、君津にお忍びできていた天皇は本当はなにをしにきていたのだろうか。
何度も最後と言われつづけた冬のコミックマーケットは今年も無事開催された。

2015年に仕掛けてくるとおもった皆さまの攻勢は2016年に延期なのか。
口封じと脅しをかけてきているのはいいが、裁判訴訟となればその資料はすべての人達に閲覧可能となるのでしたっけ。
それにしてもやってることが原発利権となにも変わらんのですよ、同じ穴の貉。
関係者はその二枚舌にいい加減気がつき目を覚ますべきだろう、電子メールからチャットに至る重要な会話やログはすべて記録し、ハックされ消されないよう保存しておいたほうがいい
明日は我が身」ということです。

今年は序列が消える始まりの年。
序列は無くなる・無くなるように。
後に残るのは対等な真の友であり愛である。

初もうで前の前日に、以前光の柱を立ててきた場所に行きそれをすべて撤去してきた。
同時に周辺のすべての自分の立てた光の柱、古からの結界・封印が解かれ真の自由となるように祈ってきた。
それは波及効果となっていずれ現れるだろう。
丑寅の結界は解かれる。
そのあと読んだブログ幻の桜にタイムリーな記事が、偶然ではなく必然だったのだ。

引用>「
ガオちゃんからのお知らせだ

初詣行くとしたら今(大晦日)がいいんだぜ

みんながたくさん来る直前に自分のおねがいを入れて
後から みんながエネルギーを吹きこんでくれる

でも
もうすぐ神社や寺もなくなっちゃうけどな

はじまりとおわりはつながってるんだ  」(ガオガオちゃんのことば)<ここまで。

参考:マフラーは顔の気の防御なんだ

田布施システムに由来するカルマはそのシステム恩恵を受ける者達に帰すように。
旺盛を極めた田布施企業と関係血筋と加担する一部の在日勢力、数万年分クラスの運とエネルギーを吐き出し使い果たしたら急速に燃え尽きるだけ、それは類似な恒星の一生と同じこと。
奴隷のように搾取される側である大多数の日本人は、田布施システムとその取り巻きとは関係ない。

参考:天皇とともに日本国民を地獄のどん底に突き落としてきた「三菱グループ」の正体。

私は縄文復興というものにはまったく興味がない。
あれは天候が安定しておりかつ人口を適度に間引きして成り立つもの、状況の変化に臨機応変に対応できない。

縄文をもっと高度社会であったと見直しその文化を現代への参考とすることには同意するが、現代に見合った新機軸が必要となる。

>引用
出自がそんなに重大かどうかは、権力構造=文化的共通了解によるのだろう。プーチンはシェフの息子であるそうだが権力基盤に影響を与えていない。むしろ選挙で当選したという権力基盤=正統性基盤を頑固に守っている。だから全世界の権力者で選挙の公正性に一番熱心なのはプーチンである。
血統重視の文化体系では、実力勝負の権力闘争では真実を隠す以外にないではないか)

日本の裁判所、検察、警察が全く機能していないのは、日本民族を抑えるためのものにGHQが再編したからだ。

ではネットで強い主張をする「正義の味方」のような御仁の脳はどのようにできているのか?

ネット右翼のようにバイト代で雇われた連中は別にして、1銭にもならない正義の主張をしている人の頭の中で

行動遺伝子の活動はどうなっているのか

記憶と行動の関係はどうなっているのか

謎が謎を呼ぶ。。。。。。。。。。。。。。。。。。。<ここまで。

参考:共産主義というものは存在したことがない

参考:プーチン大統領の元夫人:プーチンは大分前に殺害された!

参考:「消えたマレーシア機とロスチャイルドのサイコパス集団との関係」
(今のプーチン閣下、働きもいいし嫌いじゃないですが、どの話が真実なのでしょうね)

 

現行の支配層の横暴がまかり通るのは結界により時の流れが止められている世界でのみ
結界が綻び、その再構築と厄払いが追いつかなくなったならば崩壊する。
「序列(とそれに依存する犬)が無くなるように、即座にとりかえす(やったことは即座に返る)」。
本来のあるべき自然な姿へ地球レイヤーは回帰する。
生贄にすべて負わせてチャラにするつもりだった?、そういうのはもう終わりにしましょう。

タイトルのとおり、誰かが勇気をもって真実をこう書かなければ日本国民全員が責任を連判で負わされることになるからな、そしてこの訴えは天に届きもう消せない。

縄文を懐かしむような、前世は縄文人達なのではというようなコミュニティがとっくの昔、数十年前から各地にて種撒かれていた(パーマカルチャー等で検索、すでに実績も十分積んでいまね。そして誰かに言われなくとも在来種の保存もやっていた。)。
まもなくそれは大きく成長し世に姿を現すことだろう。

※ 「シンガポール、幸福度148カ国中最下位 建国50年で行き詰まる「能力至上主義」の国 !」、という元記事も消されたか

※ なお新しく生まれてきている世代は、血縁による絆というものに対してとても関心が薄く、魂の絆すなわち共鳴できるか、という点に反応するように設定されている。
従い、洗脳しようが血縁の為のエージェントとして利用するのは難しく、血の縁が薄いということは血では他人扱いということであり、血のコードを利用して地球レイヤーに再転生するという試みは失敗することだろう。

一緒に読みたい関連記事


leave a comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事のトラックバック用URL