やったことは即座に返る、悔い改めよ

Stop NWO - Graffiti

上に要請する(追加)。

以下について速やかな解消・解除・無害化措置を要請する。

・地球人類のアストラル・コーザル・エーテル層など各レイヤーに対し闇(魔界)サイドにより悪意をもって施されたすべてのインプラント。
・愛と光に沿わない恐怖・不安・恐れに基づく洗脳プログラム。
・各自、自分が何の目的で地球に転生してきたかを思い出すことを妨害する行為。
・魂のツインが再会することを妨害する行為。
・弊害ある偽の五次元等を作り出すヘミシンク系の技術。
・愛を思い出すことを阻害する行為。

以上。

TPPは既得権益を破壊するので有益であると騙っている皆さまがいて、その中には残念なことにスピリチュアル界の重鎮すら含まれる。
それはNESARAが闇のGESARAに巧妙にすり替えられたのと同じ手法・論法であり、間違っている。
なぜならばそれは巧妙に手を変え形を変え事物の体制を延命し、次の世代の利権を窺う皆さまの都合であるからだ。
本当に利権既得権を破壊したいのであれば、フリーエネルギー(高効率自然再生エネルギー)・技術のオープンソース化・産業用大麻解禁と医療用大麻解禁、次点リプリケーター相当技術の公開と投入で事足りるわけであり、だからこそ連中はそれらを目の色変えて潰しにかかってきているのである。

なお闇側に潜入し内部から壊乱に追い込む等のミッションを履行している光側のエージェントについて、危険が迫るなど必要があれば即座に空中携挙もしくは保護措置を要請する。
また必要に応じ精神と魂のケア・ヒーリング・回復プログラムを実施。

心から悔い改め行動で示す者達に対しては、寛大な措置がとられ新たな道が開かれる。
思い出したくない過去であれば消されて新たな旅立ちが始まることもあるだろう。

一方民意が反映されていない・黒塗りだらけの書類による不平等条約であるTPPやTPP類似条項を批准・推進したり、それを阻止する十分な権限や力があるのにつまらぬ都合のため黙殺するような皆さまからは、消えたい・消滅したい・滅びたいという魂の基点の願いしか聞こえない。
ならば他の存在に迷惑をかけることなきようにしつつ、その魂の基点の願い即座に叶えよう。
これからお前達は苦しめた相手の苦しみ・苦痛をダイレクトに感じることになる。
奪えば奪うほど、多くを失うことになる。
厄払いをしても即座に跳ね返ってくる。
つまり相手のエネルギーに染まり飲み込まれ存在そのものが消えるということを意味する
それが悔い改めないお前達の望みであり叶えられて本望だろう。
従い根本創造主・絶対根源を恨むのは筋違いである。
そもそも本来、地球は不法占拠中のおまえたちの星でも所有物でもないのだから。

参考>[板垣英憲氏]プーチン大統領は「歯舞・色丹2島返還、国後・択捉2島共同使用」を「白紙撤回」通告、安倍晋三首相は放心状態

一緒に読みたい関連記事


Comments are closed.


この記事のトラックバック用URL