匿名者(真実を語る者)を潰すつもりが

5227155246_a2379207fb_b

大学生達に訊ねたい。
家が裕福でもなければ名家でもなく、アルバイトなどしているわけでもないのにやけに羽振りが良かったり、背中いっぱいに刺青を彫っていたりする学生はいないだろうか?。

各大学にはけっこう前から大麻を密売する地下ネットワークがあるというリーク情報が流れている。
思い当たるところがあるならば、警察などに相談してみるとよいだろう。
大学 大麻 密輸といったキーワードで検索するとたくさん出てきます。

密売されている大麻には依存性を高めるための成分などがブレンドされているのではないかという噂がありそういったものが氾濫すると、厳格な管理と法の元栽培された純粋な医療用大麻の認可や産業用大麻の有効利用を目指す活動までもが一羽一絡げに見られてしまい迷惑である。

さて、アメリカ大統領選でヒラリー候補の落選がほぼ確定したことに伴い、その背後にいた一部のCIAやグローバリスト達の闇が暴かれはじめた。

引用>1本目のツイートの動画は衝撃的です。2007年5月3日にポルトガルで起きた女児誘拐事件で指名手配された容疑者の似顔絵画像とヒラリーの選挙本部長だったジョン・ポデスタとその弟のトニー・ポデスタが瓜二つなのです。下の記事には、アンソニー・ウィーナー元米下院議員(妻フーマ・アベディンは、ヒラリー選挙対策本部の副委員長で側近中の側近)にそっくりな似顔絵も描かれています。記事でも指摘しているようにポデスタ兄弟とアンソニー・ウィーナーが、2007年5月にポルトガルにいたかどうかパスポートを調べるべきだと思います。
さらに記事では、”米連邦政府を滅ぼすスキャンダル”になりうるピザゲイト事件が出ています。翻訳者の解説によると「ピザ」とは、ワシントンにあるとされるピザ屋とピンポン遊技場を装った小児性愛犯罪/悪魔崇拝儀式が行われている現場を指し、「ゲイト」は国家的スキャンダルを意味しているようです。
2本目の動画は、そのピザ屋の動画です。記事では”真剣に調査をされる方々には、…ビデオをご覧になるよう特にお勧めする”と紹介しています。<ここまで。

引用先ウェブサイト全文を読まれることをおすすめします。

参考:[創造デザイン学会]ピザゲイト:クリントン夫妻、民主党、陰謀団、米連邦政府を滅ぼすスキャンダル

日本国内においても、プチエンジェル事件や東南アジア方面における幼児買春などが問題となっており、いままでは特権のような仕組みによって表沙汰にならず闇に葬られてきたようですが、闇のCIAに対しアメリカ本国にて上記のようなメスが入ったのであれば、国内においてもなんらかのアクションが起こる可能性は高いと思われます。

過去投稿ですが、フリーエネルギーコミュニティを装った小児買春組織の実態と暴露記事に関連して、このような極めて悪質なものについては徹底的に追及されるべきでしょう。
なお当ウェブサイトや私が主宰するFBのフリーエネルギーコミュニティは小児性愛犯罪組織や大麻密売ネットワークとは一切関係も関わりもないことを断言しておく。

過去記事参照:インターネット上の小児性愛犯罪組織ネットワークは主にFree Energy Communityのウェブサイト(フランスのパリ、オランダ、ベルギーが拠点)を介して繋がっています。(<引用)

参考イギリスの人喰い爬虫類人達のリストがネットに (アノニマスの宣言)

また女子大学生には学生ローン返済のために、アダルトビデオ出演や風俗業への関与を迫られるケースがあると聞きます。
ましてそれが反社会的活動の一環として組織的に行われているのであれば、壊滅させるべきでしょう。
日本の未来を本当に憂いでいるのであれば外国人労働者の受け入れや外国人参政権付与に血眼になるより、まず将来を担う日本人の為に優先してすべきことがあるはずである。

参考:【IWJブログ】大学卒業後にまっているのは、「奨学金」という名の「学生ローン」地獄——国民の生活改善を無視した政策に悲鳴を上げる学生たち 

 

全世界のサタニスト達を、ただちに地球レイヤーから強制退去・解消することを上に要請する、作戦の実行にあたってカルマは介在させない特例を付与する。

※ ちなみに本投稿は匿名や匿名者を擁護するものではなく、「第二百三十条の二  前条第一項の行為が公共の利害に関する事実に係り、かつ、その目的が専ら公益を図ることにあったと認める場合には、事実の真否を判断し、真実であることの証明があったときは、これを罰しない」、の場合名誉毀損の例外規定に該当することを説明している。
ただし、そのためには根拠となる明確な証拠の提示が必要である。
(ちなみに弁護士に相談して100%反訴して勝訴できますという確証が得られるくらいでないのであれば素人は真似をするべきではないし、匿名投稿などするべきではないと断言・警告しておく)
ちなみに冤罪をもって匿名を暴き裁く行為は当然のことながら違法である

匿名者を潰し真実(インターネット公開情報)を隠蔽・弾圧するはずが、逆に(スポンサー達が)お縄になっていくという、さぁ国内はどうなっていきますかね。

一緒に読みたい関連記事


Comments are closed.


この記事のトラックバック用URL