CIAのハッキングツールVault 7、その所業が明らかに

5227155246_a2379207fb_b

日本でも富裕層を多数含む登録者がいて騒然となったプチエンジェル事件は記憶に新しい。
こういったものが組織的に行われる理由のひとつが秘密をバラすぞと富裕層らを脅し強請るための手段なんですね。

参考:米国家安全保障省 ホームランドセキュリティが、幼女性虐待ピザゲートは、100%本当だと保証した。

引用>「CIAはサイバー攻撃が敵国からのように見える偽装テクニックを使ってる。そしてCIAによるDNS/ロシアンハックはジョークになる。」
CIAはロシアや中国がやったように自らのハッキングの痕跡を消している。」<

参考:[Sputnik 他]史上最大の流出 ウィキリークスがCIAの秘密ハッキングプログラム「Vault 7」公開 / CIAは中国やロシアがやったかのようなハッキングの痕跡を残して他国をハックしていることが判明

内部スパイがどうだとかアホくさい、米の諜報システム・エシュロンは中国などに盗聴され、さらにVault 7などを介して情報は洩れまくりだったわけです。

引用>リストは2010~11年にかけてNSA内で登録された盗聴対象とみられ、計35回線が挙げられている。役所と部局の名前ごとに国番号の「+81」から日本の電話番号が記され、「日本:経済成長」「多国間:国際金融」「日本の指導者の監視」などの関心分野とともに、数字で優先度がふられている。<

参考:アメリカ諜報機関の日本盗聴、個人住宅も対象になっていた事が判明!日本人を分類して指導者を優先的に監視!

サンクトペテルブルグにあるとかいう、ロシアによる素人のIT土方衆をつかった世論誘導チームとか、そんな低レベルではないです。
CIAのハッキング活動拠点のひとつが特定される。

参考:ウィキリークス ドイツにあるCIA「ハッキング」センターを暴露

引用>レビン氏:
確たる証拠があります。トランプのツイートなんかではありません。オバマがトランプのスパイを行っていたことを示す証拠資料があるのです。オバマとオバマ政権はFISA(外国諜報活動偵察法)裁判所に2度も足を運び、トランプの大統領選キャンペーン、政権移行、そしてトランプのスタッフに対してスパイを行っていたのです。私は米国民にその証拠の全てをお見せできます。<

参考:オバマ前大統領が通話盗聴…トランプ大統領「(オバマは)悪党だ!」 〜トランプ氏、CIAに宣戦布告〜

ロシアや中国がやったというのなら事実に基づく証拠を提出せよ、ということです。
引用>ロシア政府に対するこのような非難はすでに1度ならず発せられているが、証拠は一切提出されていない。ロシアはこの主張を否定している。<

参考:爆笑もののサイバー攻撃についての米情報機関の報告書

引用>オバマ前大統領の任期最後の記者会見(19日)で、ロシアの米国大統領選挙への関与疑惑の論争にあるDNC(民主党全国委員会)のメールハッキングに関して、ロシアが関与した決定的証拠はなく、情報源が内部リークであったことを認めた。<

参考:ロシアの米国大統領選への関与疑惑の真相 Part 3

対応済みっていっても、その同じセキュリティホールを解析・利用していままで他からもハックされていた恐れがあるわけで、それを放置していた責任は問われないのであろうか。
Macやiphoneも対象ですよ。

参考:「CIAハッキングの脆弱性のほとんどは対応済み」とGoogleやAppleは公表するものの依然として危険な状態は続いている

引用>カナダのトロント大学にあるThe Citizen Labの最新レポートによると、現在世界の36カ国において、イギリスGamma International製の「FinFisher」というソフトウェアを使用して、政府機関が国民のIT動向を監視しているということが分かりました。<

参考:日本を含む36の国家で国民監視用にスパイウェアを使用していることが判明

引用>ブッシュ、クリントン、オバマは非常に長きに渡りセントビンセント島を拠点にして麻薬密輸を行っていたことが明らかになったのです。
彼等はアメリカに彼等の麻薬帝国を築こうとしていましたから、彼等はアメリカで多くの敵を作り、多くの人々を殺害してきました。同時に、多くの人々が彼等に協力してきました。
現在、FBIのコメィー長官は麻薬密輸に関わってきた者たちを逮捕しています。
CIAはコカインの密輸入エージェントであることは誰もが知っていることですが、コカインの原料(ココリーフ)はコロンビアで生産されています。コロンビアはもはや大麻輸出大国ではなくコカイン輸出大国になっています。大量の米軍部隊がコロンビアに派遣されている理由はコカインをアメリカに輸入するためです。
また、コカイン密輸に加担していた12人のTSA運輸保安局の検査官も逮捕されました。<ここまで。

参考:CIAの本業は麻薬の密輸ですが、この度密輸の拠点がばれてしまいました。おめでとうございます。w

とある方が一番強く反応していたのが下記の記事、彼らとってこれの何が都合悪いのだろう。

参考”:ロシアでは、麻薬物質からの満足を防ぐ分子を発明した。2023年までには、薬物依存症を治す初の主な国産薬となる予定だ。

 

情報過多のこの時代、いい加減な情報とその発信源は信用を失い淘汰される。
虚偽・恫喝・不安・恐怖を煽って大衆を誘導する、事実に沿わない行為をする者達は新しい時代において淘汰される。
なぜならば新しい時代において隠し事や虚偽は通用しなくなり、やったことが即座に跳ね返るからです。

貯めこんできた情報が多すぎてまとめきれないので次回に続く。

一緒に読みたい関連記事


Comments are closed.


この記事のトラックバック用URL