About us

ご訪問いただきありがとうございます。
本ウェブサイトは北海道を中心とした脱原発運動ならびにスピリチュアルムーヴメントの啓発とスピリチュアルな情報を中心に,共感共鳴していただける魂の仲間達に向けて発信しています (もちろん魂の仲間達には国境・地域・人種の壁は存在しませんから道内道外問わず魂の仲間達は歓迎です) 。
その仲間達とウェブサイト上のみならず、各種イベントやオフ会などを通して現実社会上でもなんらかの形で啓発・連携・協力しあえる信頼関係を構築できればと活動してます。
(と書いていますがスピリチュアルと関連のある記事は比重少なめで、パソコンの便利な使い方はこうといった記事が大半です)

タイトルのonpa.tv(穏波 おんぱ)の由来について

光・音・量子・周波数などすべての現象は波に例えることができると思います。 人の感情も波で例えることができるでしょう。
世界中が穏やかな波に溢れるならば、とても居心地よく幸せな気分になるはずです。
そんな穏やかな波でありたい、穏やかな波に満ちた世界になれという思いを込めて選択しました。

本ウェブサイトを運営している管理人の精神世界感について

私はいかなる宗教団体、政治団体、組織的思想家グループに属していません。
すべての人ならびに人間は神または神の分霊であり、すべての真実の答えは宇宙の根源と繋がる自分の内側からダイレクトにやってくると考えています。
イメージ的には自然と共生していた縄文人や儀式組織化する前の原初古神道に近いものがあるかもしれません。
「I am」すなわちすべての魂が自己愛を取り戻し、(正しい意味での)自由に楽しく富みに溢れてみんなと共生し生きることを願いとしています。
根本は「やったことは返ってくる」、「神のものは神に返しなさい」と極めてシンプルです。

スピリチュアルに引き寄せられる方達が陥りやすい罠として極端な外部依存が挙げられるでしょう。
自分の外(you・私ではないあなた)に依存するということは神の本霊もしくは分霊=神である自分自身を否定することにつながり、自分自身に降りてきたあらゆる啓発・助け・Powerといったものを放棄することになります。
つまり奴隷です。
会社、組織、宗教、家族関係などあらゆるものがそういった手法を用いて、奴隷隷属状態にしてきたのが今の地球地表上の現状であり、その仕組を認識し脱却することが急務です。

もうひとつ、秘術や神秘主義に傾倒しやすいという点でしょうか。
自然界ではその土地それぞれに主と呼ばれる一帯を司る木が在るそうです。
その木は必ずしも巨木だったり銘木だったりするわけではありません。
何が違うのかというと、まず大地に広くしっかり根を張るそうです。
根を張るほうにエネルギーをより振り分けますから他の木と比較して成長も遅く感じられるものが多いそうです。
考えてみるならば、根はネットワークと喩えることができ、地表の木は小さくみえても莫大な小宇宙を形成しているなんてことがあるようです。
また、根がしっかりしていれば悪天候など試練でたやすく折れる確立は少なくなります。
人間も同じで根は基礎であり、当たり前の靴ぞろえといったことからはじまります。
なぜならば靴ぞろえは地球とのグランディングを深層意識レベルで意識することになるからです。
修験道では体も鍛えることが知られていますが、自在にチャクラを活用するには体をしっかりと鍛えなければなりませんので、精神のほうに偏ってしまうとコントロールがきかなくなり不安定になりやすくなったりしますね。
そして基礎がしっかりしできていなければ、簡単にグランディングつまり自分自身の中心軸が揺らぎエネルギーを嗅ぎつけた魔物のような存在に根こそぎ吸われてしまうなんてこともあるでしょう。

参考:SAS

最期にみんなで「野心なき」力を合わせて困難に対処していくこれはPOWERですが、「力こそすべて」や「競争原理」に要約される超人思考や功利主義は英語で表現するとFORCEに帰結しおなじ力でも根源は魔界で別物です。
原発利権を筆頭に地球地表人類社会の構造とその根深い問題はFORCE崇拝行為がその根底にあります。
私達はPOWERとFORCEの違いを見極め物事の根底を見る必要があると思います。
なおPOWERを語っていても「野心」があるならばいずれそれはFORCEに転化し問題が表面化するでしょう。

書き始めると長くなりますのでここで一旦〆ますが、スピリチュアルと現実社会の平衡を取りつつ、(時には集まりあい)互いに励まって前進していきましょう。

Webmaster

HNを改め、今後スピリチュアル系では「悠久の人」「onpa.tv」にします。
日本国生まれ日本国籍
北海道道東在住
メールアドレスは info@onpa.tv です。

members of a writers’ guild

ブログやGalleryの共同執筆者募集中です。