日本は世界有数の隠れ資源大国である

日本人子孫のために有用な形で残さなければならない

スマートフォン半導体の原料やバッテリー電極被膜そしてEV車モーター強力磁石の原料としてレアメタル原料は欠かせない戦略物資です。
そのシュアのほとんどは現在中国が抑えており、輸出貿易で外資を得ている日本としては重大な懸念事項となっています。

ところが近年の調査によると房総半島沖100KM程から小笠原沖そして排他的経済水域の海底には全世界消費の数百年分に及ぶ、膨大なレアメタル資源が眠っているという。
しかし水深数百から数千mの深海部分となることによる技術的な問題、環境負荷への懸念、コストの問題などから採掘・収集は難しいとされてきました。
近年になり効率よく深海底から資源を採掘する様々な技術が開発されてきました。

そのなかでも海底で熱水が噴出し堆積物が山の形のように形成される熱鉱床チムニー(煙突状)が注目されています。
ドローンやVR(バーチャルリアリティー)を駆使した最新の調査技術により従来比約半分のコストで熱鉱床を効率的に発見できるようになりました。
さらにもともと熱水が噴出している熱水鉱床付近に穿孔し放置しておくとたった1年で7m超にも熱水鉱床チムニーが成長していた例もあるといいます。
熱水鉱床チムニーを牧場化することにより効率よく・環境負荷に対しても優しく貴重なレアメタル資源を得ることができる可能性が出てきたのです。

ただし、外交上の注意点がひとつ。
日本帝国は満州をとったときに、日本人が血を流してとった満州の満州鉄道利権に外資を受け入れるなどけしからんといって世論を動かした結果、大戦へひきづりこまれていったのでした。
おなじ轍を踏まないように注意し共同開発するべきでしょう。

  • 日本は何も売る物(外資獲得)がないどころか、隠れ資源大国だった。
  • ドローンとVR技術を駆使した熱水鉱床チムニーの牧場採掘により低コスト・環境負荷低減可能。
  • 開発はアメリカ軍良識派もしくはロシアと提携して行うこと。
  • この資源の可能性は開発せずとも外交のカードとなる。

太陽系内部の小惑星などに莫大なレアメタルが眠っていると聞きます。
しかし軌道エレベータを作って宇宙ステーション経由で宇宙開発する、聞こえはいいですが現実的でしょうか?。
すでに手が届くところに採算も合う資源が眠っているのであればまずそちらに予算を投入すべきです。
リプリケーター相当の元素転換装置や宇宙開発が本格化するまでの繋ぎ、そして外交のカードそして日本人子孫への遺産として有効活用が期待されます。